スポンサード リンク

川島なお美 の病「少女病」とはいったい何?

川島なお美さんといえば、元レースクイーンで御主人はパティシエの鎧塚俊彦さんで、ソムリエの資格も持っていることで有名なタレントさんです。


御主人の鎧塚さんが片目が失明の危機にさらされて手術を数回も繰り返している状態の中、食生活の改善などの面でサポートをしている献身的な妻の部分も見られます。


そんな川島なお美さんが、少女病で病んでいることがわかりました。
少女病とは、少女漫画に自分の恋愛観、結婚観を重ねてしまうことで、彼氏や配偶者を身心共に追い込んでしまうことになり、それがアンハッピーの結果につながることになる。ちょっと、厄介な病気です。


川島なお美さんは、この少女病の典型的な努力するから認めなさいの思考のもとに、見当違いの行動をして御主人の鎧塚さんが帰宅拒否に陥っているとの噂は、ある意味有名です。


川島なお美さんが、整形しているのはかなり有名な話ですが、最近、テレビで見ていても劣化が激しいと評判で、その類の画像もかなり広まっており、キレイだったのに、いじりすぎでおかしくなったと言われています。


以前、「ミナミの帝王」に出演していたときなどは、本当にスタイルがよくキレイでしたから。あのイメージがどうしても抜けないですね。


御主人の鎧塚さんは、どう思われているのでしょうか。帰宅拒否症のようですし、今後の行く末が心配です。


スポンサード リンク
posted by おむちゃん at 18:06 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

故マイケルジャクソンの真相、コンラッド・マーレーが語る極秘情報!!

死んでもなお、何かと話題になっているマイケルジャクソンですが、マイケルの専属医として過失致死罪の容疑で懲役4年の実刑判決で服役していた、コンラッド・マーレーが出所直後の初のインタビューで、マイケルの極秘情報を語りました。


それによると、マイケルが夜尿症だったために、コンドーム型のカーテルを使用していて、トイレに行ったあとも失禁している感覚がなく尿漏れしていたこと、ソックスを常に履いていたのは重度の真菌症で骨に達するほどのひどいタコができていたことなどを暴露しました。


コンラッド・マーレーは、マイケルの真の親友だったと話してはいますが、真の親友がマイケルのイメージダウンになるような話題を公衆の面前で話すことに疑問の声があがっています。


生前から児童の性的虐待など話題がつきないマイケルでしたが、マイケルの専属マネージャーだった、フランク・カシオ氏の証言によると児童の性的虐待などはなかったし、肌を白くしたのは、尋常性白斑という病気のための治療の一環だったこと、

マイケルはお金の管理を人任せにしていたために何度も周囲の関わったスタッフに持ち出しされて、窮地にたたされ、他人が信じられなくなっていたなど、切実に話しています。


フランク・カシオ氏は、コンラッド・マーレーは、心臓専門医で麻酔医ではなかったので専門外の医師が麻酔をマイケルに投与するとはありえないと思ったということです。


誰が聞いてもコンラッド・マーレーのマイケルに関する告白は、自分を正当化するための話にしか聞こえないのではないでしょうか。


マイケルのことを大切に思う気持ちがあるなら、この内容が事実でも話さないと思います。
スポンサード リンク
posted by おむちゃん at 12:42 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瀬戸朝香さんが、第2子を出産,黒い噂とは!?

V6井ノ原快彦さん(37)の妻で女優の瀬戸朝香さん(36)が、22日に第2子を出産
しました。お子さんは、女子のとのことです。おめでたいことですね。お二人は、
2007年9月に結婚をしています。


交際期間は、離れていた期間も含めて5年ほどで井ノ原さんが瀬戸さんに告白したとか。
お二人は、「1度、別れて運命的な再会をしたことにも驚きを感じていますし、縁があるのだと実感しました。」とのことです。


瀬戸さんは、料理も上手で子供も3人は欲しいと話していますが、瀬戸さんには黒い噂があります。


若い頃は、筋金入りのヤンキーで愛知県瀬戸市では、中学時代は、茶髪にサングラス特攻服がトレードマークだったらしくレディースのヘッドだったとの噂もあります。


そんな瀬戸朝香さんは、映画「それでもやってない」に出演したときの舞台挨拶で、実際に上京してきたときに本屋で正面から胸を触られてショックだったことを告白しています。


映画の内容が痴漢の冤罪事件がテーマでしたので、告白されたのだと思いますが、「痴漢に遭ったら女性の方は勇気を出して声を出してほしい」など熱弁されていましたね。


痴漢に遭遇したときには、筋金入りのヤンキーの一面はみせなかったのでしょうかね。
もしかしたら相手をビンタくらいは、していたかもしれませんね。


スポンサード リンク
posted by おむちゃん at 18:48 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。