スポンサード リンク

坂東三津五郎すい臓がんから復帰!!元妻の近藤サトは??

昨年9月に膵臓(すいぞう)がんの手術を受けたのは、歌舞伎俳優の坂東三津五郎です。
膵臓がんの手術をしたので容体が心配されていましたが、日本舞踊の公演に出演が決まりました。
大したことはなかったのかもしれません。


坂東三津五郎
yjimage.jpg

1956年1月23日生まれ
58歳
守田寿
女優の池上季実子はいとこ
青山学院大学文学部中退
B型
東京都中央区出身



歌舞伎界では市川団十郎さんや中村勘三郎さんが相次いで亡くなったので、人気が心配されていました。
まだ58歳と若い歌舞伎俳優の坂東三津五郎も、膵臓がんで万が一のことがあったら歌舞伎界の危機になってしまいます。
手術の後の健康は大丈夫なのかが心配です。


坂東三津五郎は、日本舞踊の坂東流の家元でもあるのです。
歌舞伎界にとっても日本舞踊界にとっても、大事な人物ということになります。


坂東三津五郎は女好きとしてもよく知られています。
初めの奥さんは寿ひずるで、

1_1378348575.jpg


2番目の奥さんは近藤サトでした。

bc325d43-s.jpg


近藤サトはフジテレビの人気アナウンサーでしたが、歌舞伎界には受け入れられませんでした。


子供が欲しかったのに、
「子供を作ってはいけない!」
と言われてしまったのです。


そのせいで、すぐに離婚しました。
当時、幼かった寿ひずるの子にも近藤サトは歓迎されなかったのです。


歌舞伎関係には、取り巻きやお付きの人が大勢いますから、当事者同士が好きでもうまくは行かないこともあるものです。


近藤サトは能面のような顔で、淡々と離婚の記者会見をやったことでも話題になりました。
相当に、悔しかったみたいです。


58歳になって膵臓がんの手術を終えても、まだ女好きな気持ちはあるのでしょうか?








スポンサード リンク
posted by おむちゃん at 18:41 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レジェンド葛西紀明、ラージヒルで巻き返しなるか!!

ソチオリンピックの男子のノルディックスキー・ジャンプの公式練習が行われました。

ノーマルヒルで腰を痛めた葛西紀明選手も調整を行いました。


葛西紀明選手
kasai.jpg

1972年6月6日生まれ
41歳
北海道上川郡下川町出身
今回が7回目のオリンピック
176センチ



今回のソチオリンピックでは、葛西紀明選手は主将を務めています。

7回もオリンピックに出ているのですからすごいですね。



「腰が痛いけれども、泣き言を言いたくない。

今大会はまだ金メダルがないから、試合に集中したい。」



と言っています。



スポーツ選手はあっけなくやめてしまう人もいますが、長く続けていく人もいます。

葛西選手はまさに伝説!


他の国の選手からも、葛西はすごい!

と尊敬されています。


葛西選手はまだ納得のいくジャンプをできていないそうです。

だから、年を重ねてもやめる気にはならないみたいだね。


妹の葛西久美子さんが再生不良貧血になって闘病をしています。

「自分がメダルを獲得したら、妹の病気もよくなる!」

と信じているのです。


久美子さんは手術をしたら、少しずつ病状も回復して、結婚もできました。

葛西選手は妹思いなんですね…。


スキーのジャンプは日本は長野オリンピックで団体戦で感動の金メダルを獲得したのに、以降はルール改正もあっていい成績が取れていません。


葛西選手!!

自分のためにも妹さんのためにも頑張って飛んでほしいです。

この調子だと、次回の韓国の平昌オリンピックにも出場する感じかな?

8回目のオリンピック!

まさに!生きる伝説じゃ〜〜〜。
スポンサード リンク
posted by おむちゃん at 14:05 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高橋大輔「勘弁してよ〜」佐村河内守の曲に言及!

若い選手の活躍で、日本もソチオリンピックでやっとメダルを3つ獲得できました。

これから競技がある選手は、さらにがんばってメダルを獲得してほしいですね。

男子のフィギュアスケートの男子ショートプログラムに出場するのは、羽生結弦選手と高橋大輔選手と町田樹選手の3人です。

女性の浅田真央ちゃんに関心が集まりますが、男子の3人にも期待しましょう。

前回のバンクーバーオリンピックで銅メダルだったのは、高橋大輔選手です。

img.jpg


日本のエースなのですが、現在足を痛めています。

しかも!

高橋選手がフリーで使う曲で、別人の作曲家騒動が発覚しました。

佐村河内守と新垣隆の問題です。

なんで、今の時期?

高橋選手は、

「別人作曲家問題、勘弁してよ〜〜〜“”“」

と言っています。

あの曲を聴いてみる
 【高橋大輔】バイオリンのためのソナチネ 2013 SP

集中したい時期だったのに。

羽生結弦選手は19歳で伸び盛りです。 


世界のメディアからも、

「金メダルは羽生結弦選手かカナダのパトリック・チャンか?」

と言われています。


町田樹選手も調子がいいから注目したいですね。

日本男子は層が厚いから、楽しみだな。

以前だったら、男子がスケートをやるのは抵抗感あり!

でしたが、カッコいい!王子様みたい!と女子にも好評です。

3人のうち、誰かメダルを獲得できたらいいですね。

できたら!

スノーボードの平野歩夢君と平岡卓君のように、ダブルでメダル欲しいな…。

スケートもやってみないと、転んだりジャンプで失敗したり、何が起きるのか分からないからね!

ソチのスケートの神様…。

日本選手をよろしく頼みます!
スポンサード リンク
posted by おむちゃん at 16:46 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。