スポンサード リンク

大沢樹生の長男、血がつながっていないことが明らかになりました。

昼ドラのような訳の分からない流れになってきました。

離婚した元・光GENJIの大沢樹生と喜多嶋舞には16歳になる長男がいます。

その長男がDNA鑑定をしたら、大沢樹生とは血がつながっていないことが明らかになりました。

つまり、喜多嶋舞は別の男性の子供を大沢樹生の子として産んだのです。

b6c6141c.jpg


大沢樹生と喜多嶋舞は、1996年にデキちゃった結婚をしたのです。

16歳の男の子は耳の聞こえがよくない感音性難聴の障害も持っています。

大沢樹生は長男が自分に似ていないから、DNA鑑定をうけました。

その結果、父子の可能性は0%だったというのです。

ずっと大沢樹生はこの子のことを実の子として育ててきました。

それなのに!

安っぽいドラマ以上に変な流れになっています。

男の子の親権は現在喜多嶋舞のお母さんのアイドルだった内藤洋子が持っていて育てているそうです。

現実でも、こんな変な話があるのですね。

1番かわいそうなのは、16歳の男の子です。

彼はどうなってしまうの?

子供を産んだら責任があるのですから、

子供が悲しまないようにケアーをしてほしいな!

このネタは、しばらくは芸能界でいじられるでしょう。

本当のことを知っているのは、世界中で喜多嶋舞だけということになってきました。


スポンサード リンク
posted by おむちゃん at 18:35 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。